レーン戦でのWarding講座(mid編)

中級者

今回は久々に実践向きな記事にしていきます
わたぼー
わたぼー


アニビアさん
アニビアさん
皆さん必見ですね

 

今回はズバリWarding講座をやっていきます
わたぼー
わたぼー
皆さん何気に置いているかもしれないward。それを意識して効果的な所に置くとgank,roam回避になったり、カウンターの要素になります
わたぼー
わたぼー
今回はmid編ということでmidでのレーン戦のWardingについて話していきます
わたぼー
わたぼー

序盤に置くべき所

midの序盤でのwardの場所ということなんですが、スカトルの変更が入り、序盤に川のブッシュにwardを置くことが主流になりつつあります(矢印のところ)。1:20秒ぐらい(mid以外が)に置くことが多いので2:20秒ぐらいまで視界が取れています。大体両jg共にスカトルが欲しいのでマッチアップ的にかなり不利とかでなければ、ブッシュのwardに映ります。2:20が過ぎてまだwardに映らなかった場合は、味方が狩っているスカトルの反対側を狩っている場合が多いと思うのでjgの反対側の画像の緑○の位置に置くのがいいでしょう。

両jgがかち合った場合は味方jgがward代わりになってくれているのでward入らないですね。1分後ぐらいにその反対側の緑○に置けばOKだと思います。

なぜ白○の所じゃないかというと、緑○の所からでもシャコやザックなどはこの位置に待ち構えてgankすることもできます。白○だとそれが防ぐことができないので緑○に置きましょう。

すでに白○の所にjgが待ち構えている場合があるのでリスクもありますが、対面が急に前に出てきたらgank合わせをしようとしている場合もあるので、wardを置くときはしっかり押し切ったときにwardingしましょう。

矢印の所のwardだとlv2gankで視界に映らない場合もありますが、それは敵jgチャンプをみて警戒しておきましょう。

コントロールワード(pinkward)の位置

ファーストリコールではできるだけpinkは買いましょう。視界は大事です。

青サイドだと

余裕があるなら奥の方まで、できれば奥の方がいいですが、どうしてもプッシュ負けするなら、川入り口でもいいので置きましょう。

赤サイドだと

こんな感じ。

どちらも敵赤バフ裏のpinkが強いと思います。リコールごとにpnikを買って、視界の有利を取り、jgのgankを回避しましょう。

敵がroamが強いチャンプの場合

敵のチャンプがTF、タロンなどのroamが強いチャンプでサイドの寄りで勝てない場合はよくあると思います。それの対処をするためのwardがこちら

敵のタワーの前に置くことです。この位置にwardを置くとどちらのサイドに寄っているかがはっきり見ることができます。寄った方に?pingを鳴らして、そっちに寄っていることを伝えましょう。pingを鳴らしても味方が死んじゃう場合があると思いますが、その場合はできるだけのことはしているのであきらめましょう。勿論寄れるなら寄って、無理ならプッシュしてタワーに圧力はかけましょう。

最後に

今回はmid編ということでした。視界をうまく使い、回避であったりカウンターを決めて有利を築きましょう。他のレーンでもwarding講座をしていきますので、乞うご期待!

アニビアさん
アニビアさん
次回はtop編です!



為になった、面白かったと思えば↓を押してって下さい!


League of Legendsランキング

コメント